次世代リーダー特訓プログラム
マーケティング
実践講座

2022年12月15日(木)・
2023年1月12日(木)開講 全11回

自社の商品・サービスの課題は唯一無二。
座学だけでなく、自社での実践に必要なスキルを育成します。

  • !

    マーケティングを体系的に学びたい方

  • !

    理論やワークフレームではなく、
    実践で使える知識が欲しい方

  • !

    座学だけではなくワークを通じて
    マーケティングを体得したい方

今期は2つの形態で
開催!

\   講座に申し込む   /

東京教室ボタン

LIVE配信ボタン

無料体験ボタン

本は読んだ、e-ラーニングも受けた。
しかし、マーケティングが実践できないメンバーへの最適解

●講義日程:第37期 2022年12月15日(木)・2023年1月12日(木)開講
※祝日・大型連休を除く木曜日開催
19:00〜21:00 ※10コマ目と11コマ目のみ19:00~21:30となります
●受講定員:50名
●受講料金:90,900円(税込 99,990円)
 ※申込金10,000円(税込 11,000円)を含みます
●実施形態
 ※お申込み時に以下2つの形態のうち1つをご選択いただきます。
 ①東京教室:宣伝会議表参道セミナールーム
 ②LIVE配信 
 ※LIVE配信クラスは東京教室の模様をリアルタイムで配信する
  受講形態です。

受講対象

●実践的なマーケティングの各手法を会得して、社内の戦略に活用したい方
●マーケティング部、営業推進部、プランニング部などの配属されたため、専門知識・スキルを習得しておきたい方
●広告や販促物、Webインテグレーションだけでなく、クライアントの戦略、戦術まで理解し提案の幅を広げたい方
●課題の本質を理解することによって、正しい方向のアウトプットができるようになりたい方

受講された方々の体験記

アクセンチュアソング
バリーカレボージャパン
キャッチネットワーク
日清
BACKGROUND

マーケティング実践講座
開講の背景

あらゆる業務はマーケティングの上に
成り立っています。

現状維持・前年踏襲が
通用しなくなった時こそ、

業務スキルを磨く以上にマーケティングが
成果を高める原動力になります。

1.

マーケティング思考の有無が
組織のパフォーマンスを左右する

2.

宣伝会議の「マーケティング実践講座」
が19年間、支持されてきた理由

宣伝会議のマーケティング実践講座は今年で開講19年目。これまで約3,500名以上の修了生を輩出しています。人気の秘密は、現場最前線の講師陣がサポートする個別ワークとグループ演習。実務の領域に迫るリアルな課題に取り組む中で、マーケティングへの理解を一層深めることができます。

3.

課題解決の中核は「インサイト」にある

マーケティングの成功は「セグメント」の区分によってなされるのではなく、「インサイト」によって決定づけられます。それはインサイトが、企業の商品・サービスを対象者に「購入したい!」と思わせる「動機付け」を担う部分であるためです。この「動機付け」が不在のまま、例えば単なる認知を取りに行っても、対象者を動かすことはできません。量の問題ではないためです。しかし、インサイト発掘のアプローチは、ほとんど公開されておらず、また事情も状況も1社1社異なるために、他の事例を応用しにくいという側面も持っています。そこで本講義では、インサイトとマーケティングとの関係を丁寧に紐解き、現場で応用できるインサイトの捉え方、導き出し方を講義では解説をしていきます。

マーケティング実践講座
このような課題をお持ちの皆様へ

Problem

課題 1)一般企業
・実践的なマーケティングの各手法を会得して社内のマーケティング戦略に活用したい。

・市場動向の読み方、それに合わせた広告展開手法など、戦略からアウトプットまでの体系的な手法を学びたい。

課題 2)広告会社・Web関連サービス
・一部のメディアを押さえる”広告屋”ではなく、マーケティングを理解する”パートナー ”としてクライアントから認められない。

・広告や販促物、Webインテグレーションなどの最終アウトプットの話だけではなく、クライアントの戦略、戦術まで理解できるようになり、提案の幅を広げたい。

課題 3)広告制作会社
・クライアントのマーケティング戦略を理解できるクリエイターになりたい。

・言われたままのものを作るのではなく、意味を理解した質の高いクリエイティブを作りたい。

課題 4)コンサルティング会社
・クライアントへの提供価値を高めるためにユーザーインサイトの本質的な理解を高めたい。

・社内のスペシャリストの講義・研修だけでなく社外の知見も得て本当に価値のある情報を発信したい。

CONTENTS

マーケティング実践講座
講座詳細

learn 学べること

01 マーケティングの基本
〜ブランド戦略〜

「理論で市場を絞り込み、感性でジャンプ」一見とがって不安に思える企画も、市場を拡大するしたたかな戦略の下で体制する。

担当者はターゲットや商品特徴を広く捉え、多くの支持が得られるような企画を出したがるもの。しかし、指名買いされるような状況でない限り、万人に支持されそうな企画=誰にも響かない施策となってしまいます。そこで今こそ、緻密なロジックでコンセプトを絞り、とがったメッセージで市場を拡大する、攻めの姿勢とそれを実行できる力が求められています。そこで、第1回の講義では20年以上にわたって多くの商品・サービスをマーケティングとブランド戦略から成功に導いてきた名古氏から、マーケティングの本質と、その根幹となるブランドについて学びます。

02 マーケティング課題の整理

日本のマーケティングで圧倒的に欠けているのは
正しい課題整理の方法

日々、行われるマーケティング施策。しかし、十分な成果が出ず、その補填策として、さらに施策の数を増やし報告会議を乗り切るなどの場面が多くあります。しかし、施策の数が効果を発揮するのは前提として、そもそも「正しい課題分析」が出来ていることが必要です。行われているマーケティング施策のベースとなっているのは「売上減」と言った現象に対しての施策。「原因と要因」に対しての施策になっていないため、施策が空転してしまうのです。

03 インサイトの見つけ方と
アイデアのつくり方

強いインサイトの発見が、ブランドとマーケティング活動を強化する。

いつの時代、どのカテゴリーにおいてもマーケティングの中心は「人」です。裏を返せば、「人」の課題を解決し価値を創造することがマーケティングとも言えます。しかし、情報過多の現代において、商品特性の訴求でなく、人の課題を解決し価値と認識されるレベルまで押し上げることは簡単ではありません。そこでデータも活用しながら、どのように「人」を深く理解し、シンプルで強いインサイトを導き出すか、そして、それをどのようにアイデアに活かすかを学びます。

04 クリエイティブ・
ジャンプトレーニング1・2

考え抜かれたマーケティング戦略を土台に、どこまでクリエイティブジャンプさせられるかが、市場で突き抜ける鍵。

市場調査や他社事例を並べただけで、感動や驚きがない企画書は少なくありません。ロジックで人に説明はできても、社内や取引先を納得させ、本気にさせなければ、市場を動かすことはできません。そこでアイデア発想回では、短時間・限定された状況でも、人をひきつけるアイデアを生むポイントを伝授します。アイデアを多様な業界・職種のメンバーと共有しながら進行しブラッシュアップしていく過程を通じて訓練することは、本講義ならではの貴重な経験となります。

05 コミュニケーション設計
〜エピソード体験からの実践マーケティング〜

単なる施策の組み合わせではない、対象者に届き、響くコミュニケーションは何なのかを知る。

企業にとって唯一無二の商品であっても、対象者にとっては、数ある商品の1つにしか過ぎません。圧倒的に多い選択肢の中から、自社が選択される確率を上げるためには、単発の施策を都度繰り出すのではなく、明確な意図と戦術をもったコミュニケーションの設計が必須となります。そこで本パートでは、架空の老舗会社のマーケティング部を舞台に、受講者が新任マーケティング部長になるリアルライフシミュレーションを実施。その中で、ブランディングにもとづく戦略的なマーケティングコミュニケーションの組み立て方から、ブランディングに必要な視点、ストーリーテリング、など各フェーズ事にマーケティング上で必要となる施策の使い分けとそれを選定する判断力を身につけていきます。

06 最終演習 〜ブランドの「出自」と時代の潮流に着目したソリューション開発〜

ブランド×ターゲティング×ポジショニング×インサイトetc.
講義の集大成としてコミュニケーションのストーリー作りを学ぶ。

特定の色を見たときに商品を連想したり、特別な日やシーンであるカテゴリーの商品を買ったりと、生活者の消費の習慣に変化を起こし、そこに商品を定着させることはコミュニケーション活動の醍醐味です。最終回では、広告予算を大量投下できない課題を出題。いかに商品を買う文化を市場に作り出すか、商品・企業がもともと備えている「出自」を基にストーリーを作り、企画を立案するプロセスを学びます。


現場最前線の講師陣が
サポートする個別ワークと
グループ演習で
実務の領域に迫る
リアルな課題に取り組む

体験講座も実施中です!


講座に申込む

マーケティング実践講座
WEBからのお申込みで、
ポイントが加算されます。

講座に申込む教室
講座に申込むLIVE

パンフレット(PDF)はこちら

講師紹介(過去実績)

第一線で活躍する講師陣が、今、必要なマーケティングを指南。
重要なのは現場で活きるマーケティングの理解。

!

ビジネスグロースの専門家である西根氏から、
マーケティングの本質を理解する

西根 英一氏

株式会社ヘルスケア・ビジネスナレッジ 代表取締役社長事業構想大学院大学 特任教授、千葉商科大学 特命教授

名古 塁氏

マーケティング戦略とコミュニケーション設計の専門家。
ビジネスローンチのための事業構想と事業計画、ビジネスグロースのための
マーケティング戦略とコミュニケーション設計を最適化する。専門領域は
ヘルスケア(健康、医療、美容)。
大塚グループ、電通グループ、マッキャン・ワールドグループ
(CKO最高知識責任者とグループ顧問)を経て、株式会社ヘルスケア・ビジネス
ナレッジ 代表取締役社長ほか。
ビジネスとアカデミア、さらにパブリック(省庁や自治体の公的事業)で指揮をとる。
近著に、『ヘルスケアビジネスの図本~ヘルスケアビジネスの要件を満たすための50の開発目標』

数多くの日本・海外ブランドをスケールさせた市原氏から、
クリエイティブ&データから実務に通用するインサイトの
導き方を学ぶ

市原 巧氏

ワンダーマントンプソン マネージングディレクター

市原 巧氏

新入社員としてJWTジャパンに入社。アカウントマネジメントとして
多くの日本企業、海外企業のブランドを担当。日本企業の海外進出の
ための独自のブランディングモデル、“Brand Nurturig”を開発。
2013年よりゼネラルマネージャーに就任。

マーケティング、ブランド戦略のコンサルトとして、日本郵便の社長直轄の
ブランディングプロジェクト、サントリービール事業部の中長期ブランド&
ポートフォリオ戦略、JALでは海外向けグローバルマーケティングのプラット
フォーム設計、資生堂のLuxuryブランドのトレンド予測と商品コンセプト開発
など、クライアントサイドの経営企画や事業戦略に携わる。

2018年JWTとWundermanの合併により、クリエイティブ&データ・テクノロジー
カンパニー Wunderman Thompsonのマネージングディレクターに就任。

国内外の広告賞をはじめ、AME(Asia Marketing Effectivness Awards)ゴールド、
Agency of the Yearなど数々の賞を受賞。

元ブルーボトルコーヒージャパン最高責任者から事例で学ぶ、
業績を拡大させるマーケティングの神髄

矢野 健一氏

D&Fクリエイツ株式会社 代表取締役社長

西村 康朗氏

新入社員としてアンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。主にメーカー、サービス業の業務改革や経営効率化のプロジェクトを推進。その後、45歳までに社長になると決意、そのためにはマーケティングの力が必須であると確信してP&Gに転職。
当時最短記録でブランドマネジャーに昇進すると、ファブリーズ、プリングルズ、パンパースのブランドマネジメントを担当。その後リーバイ・ストラウス・ジャパンのマーケティング責任者を経て、42歳でモルソンクアーズジャパンの代表取締役社長に就任。予定より3年早く夢を果たす。ZIMAとコロナビールを柱に2年連続で歴代売上記録を更新し、大きく業績を伸ばす。
その後はブルーボトルコーヒージャパンの代表、株式会社アサヒコの代表取締役社長として、社員中心の経営、3rdウェーブコーヒーのブランド育成や海外進出、プラントフォワード事業などの新規事業を推進。新発売のTOFUバーは2021年日経Trendyの年間ヒット商品コンビニ部門で第1位を獲得した。
現在は経営・マーケティングのコンサルタントとして独立。会社のパーパスやバリューを商品と一緒にブランディングして競争力に変える三位一体ブランディング手法を開発して、社員が誇りとやりがいをもって働く環境作りを目指して活動している。

「クリエイティブ・ジャンプ」に必要な要素と構造が、
西村氏によって初めて明かされる

西村 康朗氏

株式会社分室西村 代表取締役

西村 康朗氏

1986年株式会社オリコミ(現オリコム)入社。
90年株式会社博報堂入社。プロモーションプランナー、
プロモーションディレクター、エージェンシープロデューサー、
統合プロモーション部長、クリエイティブ・ソリューション局長代理を経て、
2017年社内ベンチャーにてCueworksを設立、19年よりビジネス開発局
シニアプロデューサー。20年より現職。

10業種を超える企業のブランディングを手掛けた軽部氏から、
コミュニケーションのストーリー作りで総仕上げを行う

軽部 拓氏

Sコンサルティング代表

軽部 拓氏

⼤学時代には、⽇本でのブランド論の第⼀⼈者⽚平秀貴教授に師事。
博報堂マーケティング局では、⾃動⾞、飲料、精密機械、携帯電話、航空会社など多様な
業種の企画⽴案/コミュニケーション戦略⽴案業務に従事。九州⽀社マーケティング部
時代からコミュニケーションや経営に関するコンサルテーションを開始。
当初、ワークショップがビジネスで使われ始めたばかりの頃でファシリテーターができる
⼀⼈として活躍した。2022年Sコンサルティングを⽴ち上げ、経営、事業開発、
商品開発等のコンサル業務を提供している。宣伝会議マーケティング実践講座講師。
⻄⽇本⼯業⼤学客員教授。
【著書】『あなたはクセで⽣きている』(⽂芸社)
『リンゴをほめるだけでアイデアが豊かになる本』(技術評論社)

program カリキュラム

右にスワイプして講座の詳細内容をご確認頂けます。

編/日程 テーマ/講師 講義内容
準備編

12/15(木)
マーケティングマインド
西村 康朗氏
●「マーケティングをする」とは何か?
●ブランド戦略
●ターゲット設定の切り口
●ポジショニングマップを駆使し競合との違いをつくる
基本編

1/12(木)
成功するマーケティングに必要なことと、マーケティング課題の整理の仕方
矢野 健一氏
●機能しないマーケティングを生み出す会議
●マーケティングとはヒト視点で課題を解決するものである
●顕在課題と潜在課題
●マーケティング課題の整理の仕方(シェア別/ファネル別/4P的整理)
●ケーススタディー「課題別マーケティングアプローチ例」
① 弱小カテゴリーのトップブランドがとるべき次の一手「ファブリーズのラインエクステンション戦略に隠れた課題と戦略」
② 利益がとれない商品のイノベーション「TOFUバーの価格戦略にみる課題と戦略」
③ 顧客体験を高めるブランディング「ブルーボトルコーヒーのストーリーを紡ぐブランディングにみる課題と戦略」
基本編

1/19(木)
マーケティングの基本(1)
西根 英一氏
●相手に価値が伝わる戦略
●相手のまわりに市場をつくるマーケティング
●顧客をつくるターゲティング
●個人ワーク
●ポジショニングマップの作り方
基本編

1/26(木)
マーケティングの基本(2)
西根 英一氏
●自分の価値を相手に伝える戦略
●市場に自社の存在を示すブランディング
●市場に課題を生み出すイシューイング
●個人ワーク
●カスタマージャーニーマップの作り方
基本編

2/2(木)
インサイトの見つけ方と
アイデアのつくり方(1)
インサイトを発見する
市原 巧氏
●インサイトとニーズの違い?
●インサイトをどのように発見するか?
●データとは人が姿を変えたもの
●強いインサイトに備わっているもの
●インサイト発見のワーク
基本編

2/9(木)
インサイトの見つけ方と
アイデアのつくり方(2)
インサイトを活用する
市原 巧氏
●アイデアの捉え方がもたらす課題
●インサイトとユニ クブランドオファー
●インサイトから生まれるブランドアイデア
●事例から学ぶブランドアイデア
●インサイトからブランドアイデアを考える(個人ワーク)
基本編

2/16(木)
クリエイティブ
ジャンプ・トレーニング(1)
西村 康朗氏
●論理の積み上げから脱しクリエイティブなアイデアを導くプロセスを体験する(個人ワーク)
基本編

3/2(木)
クリエイティブ
ジャンプ・トレーニング(2)
西村 康朗氏
●アイデアを着地させるために具体的な施策に落とし込んだ企画を作る(個人ワーク)
演習編

3/9(木)
最終演習(1)
軽部 拓氏
※LIVE配信クラスは西村講師が
登壇します。
●予算が無い中でも「出自」を見直しプロモーション効果を高める方法(グループワーク)
演習編

3/16(木)
最終演習(2)
軽部 拓氏
※LIVE配信クラスは西村講師が
登壇します。 
●課題設定プレゼンテーション
●企業の問題点に着目し課題を設定する(グループワーク)
演習編

3/30(木)
最終演習(3)
軽部 拓氏
※LIVE配信クラスは西村講師が
登壇します。 
●企画プレゼンテーション
●プロモーション展開案に落とし込む

※日程・カリキュラム・講師は都合により変更となる場合がございます。

case 修了生の声

98%の受講生が「大変有意義」
「有意義」と回答
満足度の高いカリキュラム

  • 「理論で領域を絞り、感性でジャンプ」。人が何かを決めるのは情緒、本当に仰る通りだなと思います。情緒に働きかけるインサイトを探るきっかけを知りたいと思います。

  • うすうす感じていた「自分の勘やアイデアをロジックで説明し、納得を引き出す」という役割を、改めて強く感じた。

  • 実際の企業のマーケティング担当者の声が聞けたことで、書籍などでは得られない納得感があった。業務の中で「使える」と感じた。

  • 「独自性・自社の強み・市場ニーズ=持続可能な優位性」。講義中も思わず自社商品が頭をめぐるほど、リアルで面白かったです。

  • 本を見て、なんとなく分かったようになっていた部分がとても明確になりました。今まで社内で言われていたことが、まさに話の中に出てきて、とても納得できました。

  • 情報収集をして分析するだけで納得していましたが、それでは新しい発想は生まれてこないことを教えていただきました。常に考える習慣を身に付けなければと思いました。

detail マーケティング実践講座
講座概要

開催日 2022年12月15日(木)・2023年1月12日(木)開講 全11回
※祝日・大型連休を除く木曜日開催
講義時間 19:00〜21:00 ※10コマ目と11コマ目のみ19:00~21:30となります
講義会場 ●実施形態 
※お申込み時に以下2つの形態のうち1つをご選択いただきます。 
①東京教室:宣伝会議表参道セミナールーム 
②LIVE配信  
 ※LIVE配信クラスは東京教室の模様をリアルタイムで配信する受講形態です。
定員 ①東京教室会場定員:40名
②ライブ配信定員:30名
※定員になり次第受付終了
受講価格
90,900円(税込 99,990円) ※申込金10,000円(税込 11,000円)を含みます

よくあるご質問と回答

1)申し込み締切はいつですか?
満席になり次第、締切といたしております。
Webサイトで募集をしている限りは受付をいたしておりますが、
できるだけお早めに申し込みいただくことをオススメしております。
2)本講座の実施形式は会場開催でしょうか?
お申込み時に以下2つの形態のうち1つをご選択いただきます。 
 ①東京教室:宣伝会議表参道セミナールームの会場におこし頂きご受講するタイプ 
 ②LIVE配信:LIVE配信クラスは東京教室の模様をリアルタイムで配信する映像でご受講頂くタイプ 
       LIVE配信クラスでは9~11回目に行われるワークショップはLIVE配信クラスでお申込み受講生同士でのワークショップとなる予定です。

また「東京教室」を選択された方におかれましても、第8~10回を除き、LIVE配信クラスでのご参加も可能となります。
これにより、
・出張で会場に行けない時
・業務の関係で定刻に間に合わない時
などにLIVE配信クラスでの受講というご選択が可能となります。
是非、この「LIVE配信クラス」をご活用頂きまして、全回ご出席をお願い致します。

------------------------------------------------------------------------------------
■東京教室ご登録の方が「LIVE配信」クラスをご受講する時の注意点について
------------------------------------------------------------------------------------
・LIVE配信はZoomにて実施されます。
・接続先は実施日前日の「事務局からのご連絡先」に記載されます。
・対象回は全11回のうち第1回~第8回までとなります。
 第9回~第11回は最終課題として表参道セミナールームのみグループワークに取組み頂きます。その回はLIVE配信クラスでのご参加はできません。
 また第9回~第11回の教室の模様をLIVEにて配信するクラスはございません。つまり「東京教室クラス」の方は第8回~第10回は会場に起こし頂くタイプのみ 
 となります。
・欠席された場合の補講がございます。その場合は有料となり3,000円(税別)が発生いたします。お支払いはクレジットカードのみとなります。 
 ※欠席補講は教室の模様を録画しますので、場合によっては映像が途切れる、音声が聞こえにくなどが発生する場合がございます。予めご了承ください。
・LIVE配信クラス出席は不正受講を防ぐために、「氏名」を表示頂きます。
3)準備編とは何でしょうか?
マーケティングを、これから本格的に学ぼうとお考え方にご参加いただきたい内容となります。
マーケティングを行うとは「どのような発想と視点を持ち、何を行うことがマーケティングであるのか」というマインドをお伝えする講義となります。販促やブランディングとマーケティングは何が違うのかといったことや、このマインドの有無によって、今後の成果は大きく変わってくくるため、是非、ご参加いただきたい内容となります。
4)基本編 1月12日からの参加も可能ですか?
可能です。既にマーケティング業務を数年経験されている方は、1月12日の基本編から参加いただいても大丈夫です。
その場合、準備編も後日視聴できるように準備をさせていただきますので、ご希望の方は事務局にお伝えください。
5)欠席する回のフォローアップはありますか?
業務の都合上、参加が難しい場合は欠席フォローをご用意しております。欠席フォロワーは別途有料となります。詳しい欠席フォロワーのご案内は初回講義時にご案内をさせていただきますが、フォローのためには個別申し込みが必要となります。そして、Web上にて当該講義を録画した映像を後日、ご視聴いただきます。
6)未経験ですが受講しても良いでしょうか?
未経験の方のご参加もお待ちしております。講義のレベルは、マーケティング活動のある方を対象としたものではなく、これからマーケティング業務を担う方、または担っているがしっかりと体系的に学びたい方を対象に、編成されております。
7)講師への質問はできますか?
会場受講の方には講義終了後に質疑応答の時間を設けております。
8)受講者同士でのネットワーキングを希望します。どんな機会がありますか?
会場受講のタイプでは、懇親会を講義途中回に実施しています。
※懇親会への参加は必須ではありません。
※社会状況によっては開催されない場合がございます。
9)支払い方法は何がありますか?
法人お申込みの方には『請求書払い』、
個人お申込みの方には『クレジット払い(一括)』『銀行振込(一括)』『教育ローン(分割)』がございます。
お申込み手続きは、本ページhttps://lp.sendenkaigi.com/marketing-practice『講座に申込む』から行えます。
※宣伝会議オンラインへのログインが必要となります。初めての方は、先に、会員登録をお済ませください。
10)『教育ローン』の手続きについて詳しく教えてください。
https://lp.sendenkaigi.com/marketing-practiceのお申し込み画面から、
申し込み形態で『個人申込』支払方法で、『教育ローン』を選んでお申込みください。
※申込金の10,000円(税込 11,000円)のみ、事前に銀行振込(三菱UFJ銀行 青山支店 普通 1145602宛て)が必要になります。
その後、提携会社の教育ローンの申込みURLをご登録のメールアドレスにお送りいたします。
お好きな分割数を3回~36回からお選びください。
教育ローンの審査は最短で当日ご回答になります。
11)来期の方が個人的に都合がよいのですが、講師や講義内容は毎回変わるのでしょうか?
ご受講された皆さまの講義アンケートをもとに、
毎期、講義内容や講師のアップデートを行っているため、
変更となる場合がございます。
いずれの期も、開催タイミングでベストと判断する講義内容をご提供させていただいております。

注意事項・禁止事項

1)受講は受講者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。尚、同一の講座を別々の方に受講いただくことは禁止としております。また、同一講座の受講中において、参加者の途中変更はできません。

2)お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。

3)万一、受講前に受講予定の方の参加ができなくなってしまった場合は、事務局までお問合せください。

4)※一旦納入された申込金・受講料は、受講前・受講途中にかかわらず、いかなる理由であっても払い戻しや次期への振り替えはできません。

5)天候不順によるアクシデントや講師の都合、受講者数が一定数を下回った場合等、諸事情により直前に開講日程が変更・中止となる場合がございます。

6)弊社と発注者は互いに暴力団、及びその他の反社会的勢力に該当しないことを表明・確約します。万が一、上記に反していることが判明した場合には、直ちに無条件で本契約を解除します。

7)弊社と同様の教育講座を開催している企業、人材紹介業、受講生への営業・勧誘等を目的とするご受講等に関しましては、審査の上、お申し込みをお断りする場合がございます。また、お申し込みから審査までの間に、ご請求書類の発送など、決済処理の進行が行われる場合がございます。あらかじめご了承ください。

8)本申込書により(株)宣伝会議が取得した個人情報は受講手続きや各種連絡、講座運営、ダイレクトメールなどの方法で出版物や講座、イベントのご案内等をお送りするために利用します。プライバシーポリシー(https://www.sendenkaigi.com/privacy/)をお読みいただき、同意の上、お申し込みください。

体験講座も実施中です!


講座に申込む

マーケティング実践講座
WEBからのお申込みで、
ポイントが加算されます。

講座に申込む教室
講座に申込むLIVE

パンフレット(PDF)はこちら