宣伝会議

        無料体験 説明会参加 講座申込

オンラインだからこそ場所の制約を超えて集結
一流の講師陣

  • 写真画像

    細田 高広氏 TBWA\HAKUHODO
    Executive Creative Director/Copywriter

    様々なグローバルブランドのクリエイティブを統括。カンヌ金賞、ACCグランプリ、クリエイターオブザイヤーなど
    国内外で受賞多数。アジアを代表する40歳以下の40人(40 UNDER 40)にも選出された。
    著書に「未来は言葉でつくられる」(ダイヤモンド社)、「解決は1行」(三才ブックス)などがある。

  • 写真画像

    本多正樹氏 BBDO JAPAN
    エグゼクティブクリエイティブディレクター

    I&S BBDOを経て、2015年より現職。主な仕事に、スニッカーズCMシリーズ、カルカン「18才のおじいちゃん」、
    広島県観光プロモーション「キャットストリートビュー」など。最近は、メディアに囚われないアプローチでの
    アイデア開発にも励む。
    カンヌ、スパイクスアジア、アドフェスト、クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリストなど受賞。

  • 写真画像

    西根 英一氏 株式会社ヘルスケア・ビジネスナレッジ 代表取締役社長
    事業構想大学院大学 特任教授、千葉商科大学 特命教授

    マーケティング戦略とコミュニケーション設計の専門家。ビジネスローンチのための事業構想と事業計画、
    ビジネスグロースのためのマーケティング戦略とコミュニケーション設計を最適化する。専門領域は
    ヘルスケア(健康、医療、美容)。
    大塚グループ、電通グループ、マッキャン・ワールドグループ(CKO最高知識責任者とグループ顧問)を経て、
    株式会社ヘルスケア・ビジネスナレッジ 代表取締役社長ほか。ビジネスとアカデミア、さらにパブリック
    (省庁や自治体の公的事業)で指揮をとる。
    近著に、『ヘルスケアビジネスの図本~ヘルスケアビジネスの要件を満たすための50の開発目標』

  • 写真画像

    岩下 智氏 電通
    アートディレクター

    筑波大学 芸術専門学群を卒業後、2002年電通に入社。アートディレクター兼デザイナーとしてグラフィック、
    TVCM、Web、アプリ開発、ブランドデザイン、プロダクトデザインなど様々な仕事に携わりながら、写真の撮影、
    イラストやマンガの制作なども行う。主な仕事に「Honda FIT」「日清 カップヌードル」「KIRIN のどごし 夢のドリーム」「bayfm SAZAE RADIO」など。ADFEST シルバー、スパイクス シルバー、グッドデザイン賞、STUDIO DESIGN AWARD
    グランプリなどを受賞。筑波大学非常勤講師。STUDIO公認アンバサダー。一行文庫発行人。
    著書に「面白い!」のつくり方(CCCメディアハウス)。

  • 写真画像

    伊藤 公一氏 株式会社ウミナリ
    クリエーティブディレクター/コピーライター

    コピーライターとして電通に入社。ANA、ニッカウヰスキー、サッポロビール、花王、リクルート、日本航空、
    三井ホーム、日産、大成建設、明治、新生銀行、みずほフィナンシャルグループ、朝日新聞などのクリエーティブを
    手がける。
    2011〜2015年HONDAのエグゼクティブクリエーティブディレクター(ECD)として全コミュニケーションの統括を行う。
    2016年からはみずほ銀行のECDとして主にオリンピックキャンペーンを統括。その後クリエーティブディレクション
    センター長、電通九州チーフクリエーティブオフィサーを経て2020年、ウミナリ設立。現在、福岡と鹿児島を拠点に
    活動中。単体の商品広告だけでなく、企業全体のブランディングを得意としている。いつも心がけていることは、
    本質をつくクリエーティブを発信すること。TCC部門賞、ADC賞、ACCグランプリ、カンヌゴールド、NYADC、
    朝日広告賞、毎日広告賞、クリエーターオブザイヤーほか受賞多数。
    著書に「なんだ、けっきょく最後は言葉じゃないか。」(宣伝会議)

  • 写真画像

    佐々木 洋一氏 佐々木オフィス
    クリエイティブディレクター/コピーライター

    博報堂のコピーライター、クリエイティブディレクター、クリエイティブ局長、博報堂C&D取締役などを経て、
    2021年独立。現在<佐々木オフィス>主宰。 博報堂のクリエイター時代は、ビール・自動車・テーマパークなど、
    長期的にブランドを育成していく「ブランディング」業務に多く携わる。現在は、企業の経営・事業の成功に直結する
    広告のあり方を設計・提案する「クリエイティブ・コンサル」として活動中(コピーもごりごり書いています)。

  • 写真画像

    橋口 幸生氏 電通
    コピーライター

    最近の代表作はロッテガーナチョコレート、スカパー!堺議員キャンペーン、「鬼平犯科帳25周年記念ポスター」、
    プリッツ「つらい。」、「ふつうじゃない2020展」など。
    TCC会員。ギャラクシー賞、グッドデザイン賞、ACC賞ゴールド、スパイクスアジアなど受賞多数。
    著書に「100案思考」「言葉ダイエット」等がある。

  • 写真画像

    藤平 達之氏 株式会社博報堂/株式会社SIX
    ストラテジック・クリエイティブ・ディレクター/UXデザイナー

    神奈川県出身、1991年生まれ、2013年博報堂入社。
    ブランドパーパスとインサイトを組み合わせてコアアイデアを設計し、さまざまな領域で顧客体験を形にする。
    サービスやプロダクト開発の経験も多く、投資サービスやIoTプロダクトなどを担当。自身のプランニングを
    「PJMメソッド」 として体系化し、著書『クリエイティブなマーケティング』として発刊。
    これまでに「2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 総務大臣賞/ACCグランプリ」などを受賞。
    「ad:tech tokyo 2020」他、セミナーにも多数登壇。フィナンシェと炭酸水とジンが好き。

  • 写真画像

    川端 康介氏 株式会社nanocolor
    代表取締役

    2004年、EC事業スタートアップに参画。デザイン/広告/商品開発などの知見と技術をベースに2010年に
    株式会社nanocolorを設立。モットーは「戦略なき戦術、仮説力の脆弱性、売り手目線だけの訴求の排除」。
    BtoCを中心に広告/ECサイト/LP/CRM/ブランディングなどを中心に顧客のデジタルマーケティング領域を支援し、
    10年で約1000本LP制作解析運用。

  • 写真画像

    飯田 朝子氏 中央大学国際経営学部教授/日本ネーミング協会理事

    専門は言語学(語彙意味論)。1999年に博士(文学)取得。2005年に中央大学にてコピーライティングの演習授業を開講。現在は「広告表現研究」や「キャッチコピー・ネーミング論」の講義も担当している。 第53回~第58回の宣伝会議賞にて
    協賛企業賞を5度受賞。TOYO TIRESのエアレスタイヤ「noair」のネーミングや、東京都多摩市市制50周年記念コピー
    「くらし・たのし・たまし」を手掛ける。
    主著に『「あ、それ欲しい!」と思わせる広告コピーのことば辞典』(日経BP社)、『数え方の辞典』(小学館)、
    『ネーミングがモノを言う』(中央大学出版会)などがある。「潜在能力テスト」(フジテレビ)、
    「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」(日テレ)などの国語問題監修も担当。

  • 写真画像

    佐藤 タカトシ氏 core words CEO/Creative Director

    2001年4月、リクルートコミュニケーションズ入社。11年間に渡り、大手自動車メーカー、大手素材メーカー、
    インターネット関連企業、流通・小売企業など、100社以上の採用ブランディング、採用コミュニケーションを支援。
    マネージャー、クリエイティブディレクターを務めたのち、12年7月、DeNAに転職。採用チームに所属し、
    採用ブランディングとダイレクトリクルーティングをメインミッションとして活動。 15年7月、core wordsを設立。
    BNN新社刊『採用ブランディング~採用サイト・入社案内のコンテンツ&デザイン実例集』を執筆。採用ブラン
    ディングに関するWebでの連載多数。

  • 写真画像

    虎尾弘之 氏

    真空ラボコピーライター/クリエーティブディレクター

    1975年生まれ。2005年、虎尾弘之広告事務所設立。2007年、真空ラボ設立に参画。今に至る。
    北陸コピーライターズクラブ会員。コピーライティングを軸としながら、地域企業の経営に寄り添った活動を展開。

  • 写真画像

    岩井 俊介 氏 

    クリエイティブディレクター/ShunTokyo

    Appleの日本で初めての、そして唯一のCreative Director, Writingとして、11年以上にわたり日本に向けた
    マーケティングコミュニケーションを全方位的に担当。Appleの日本語でのブランドボイスを作る。
    Apple入社以前は、Wieden+Kennedy TokyoでシニアコピーライターとしてNikeやGoogleを担当。
    代表的な仕事はNike Football 「いつか遊びがモノをいう」、Google初の日本向けマスキャンペーン「さがそう」など。
    それ以前は電通でコピーライターとして、スティービー・ワンダーを起用したKIRIN FIREのキャンペーン、
    「カッパとたぬき」でおなじみのDCカードのキャンペーンなどを担当。
    2021年8月にShunTokyoを設立。morph transcreationのエグゼクティブ・トランスクリエイターを兼任。
    東京コピーライターズクラブ会員。TCC賞など受賞多数。

  • 写真画像

    松井正徳 氏

    株式会社博報堂/ONE★PUNCH クリエイティブディレクター/コピーライター

    1968年京都市生まれ。京都大学理学部を卒業後、博報堂に入社。以後、コピーライターとしてプレイステーションの
    立ち上げなど多くの広告制作に従事。最近の仕事として、日経電子版「日経三国志」、NTTドコモ「一休さん」など。
    クリエイティブの作用を科学的視点から考察した「クリエイティブ・サイエンス」を研究・実践。
    ACC賞、2018年 度TCC賞など受賞多数。

  • 写真画像

    山口広輝氏

    ジェイアール東日本企画

    クリエイティブディレクター/コピーライター主な仕事にJR SKISKI、大人の休日倶楽部、doda、
    JR東日本「落ち着いたら、会いに来て」、ジャポニカ学習帳など。TCC賞、TCC新人賞、朝日・読売・日経・
    毎日広告賞・交通広告グランプリ優秀賞・新聞協会賞など受賞。宣伝会議コピーライター養成講座基礎コース講師。

  • 川添 愛氏

    言語学者。九州大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。2002年から2016年まで、国立情報学研究所研究員、
    津田塾大学特任准教授、国立情報学研究所特任准教授を歴任。
    著書に『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』(朝日出版社)、
    『自動人形の城 人工知能の意図理解をめぐる物語』(東京大学出版会)、『コンピュータ、どうやってつくったんですか?』(東京書籍)などがある。

受講生の声

  • VOICE 01

    アイコン画像

    めちゃめちゃ面白かったです。講義、添削を体形的に学び、技術を身に付けていくことができました。
    添削いただいた赤字の量と深さにびっくりしました。

    (システム会社マーケティング担当)

  • VOICE 02

    アイコン画像

    言葉の素人の自分にもまがりなりにもコピーが書けて、単純に嬉しかったです。コピープラットフォームすごいと思いました。

    (流通小売業勤務)

  • VOICE 03

    アイコン画像

    見える景色が変わったので、新規事業できっと役に立つ。

    (情報システム会社勤務)

  • VOICE 04

    アイコン画像

    思っていた以上に、ずいぶん丁寧に添削してくださるのだなという印象でした。時として欄外にも書いてくださったので、とても嬉しかったです。

    (コンテンツライター)

  • VOICE 05

    アイコン画像

    余裕がある時にできるだけ進めていくことを目標に、受講していきました。20分ずつに動画を分けてくださっているのが非常にちょうどよく、ペースを作りやすかったです。

    (広告関連会社 ライティング担当)

  • VOICE 06

    アイコン画像

    添削内容をもとに再度自分で、視点シートからやり直してみたりしました。
    回を重ねるごとに課題も難しく、B判定が多くなり、その分赤字も多く、逆にとても勉強になりました。

    (Webマーケ・Webサイトの制作担当)

  • VOICE 07

    アイコン画像

    改めて第一線で活躍されている方々がもつ、視点と思考力の深さと広さに、感心させられました。また、自分の至らない部分をより多く痛感いたしました。

    (電機・精密機器系 経営企画担当)

  • VOICE 08

    アイコン画像

    整理シートを使用することで、メリットとベネフィットの違いが、明確に理解できました。一定のレベルまで達成するには、近道だったと思います。

    (消費財メーカー 営業企画担当)

受講生満足度 4.52

※コピープラットフォーム編受講生アンケート結果より 

実際の講座を無料で体験

無料体験に申し込む

その日限りの限定オンライン講座、いつでも視聴できるオンデマンド講座  
お好きな講座をお選びください

10月28日(金)19:00~20:00

マーケティングを
駆動させる
「訴求点」の作り方

「人を動かす」ことを生業にするマーケターにとって、最も必要とされ、最も鍛えることが難しいもの、それが「訴求点」開発力。

申し込む

いつでも視聴可能

オンデマンド:体験講座 (約45分)

・オンデマンドでコピーライティングを学ぶメリットは?
・最大の特徴である「コピープラットフォーム」の全体像
・講義部分の先行体験となる「商品分析から始めよう」
を理解していただく体験会です。

申し込む

  • 内容

    【受講上のルール】
    本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

    【配布資料について】
    本体験会で使用するテキストはございません。

  • 受講価格

    0円(税込 0円)

  • 注意事項

    受講は申込者本人に限ります。
    他人に貸与・譲渡することはできません。
    お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
    教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。
    オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。
    そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。
    詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。

コピーライティングの技術はどうやって身に付ければ何が良いのか?

無料説明会

  • 内容

    【無料説明会について】
    LIVE説明会実施日程
    2022年10月4日(火)19:00-20:00
    実施形式:Zoom LIVE配信
    ※終了時刻は延長・短縮される場合がございます。
    ※Zoomを使用しますので、初めてご利用になる方は 予めダウンロードしておいてください。
    ※接続先URLは説明会当日、事務局より配信いたします。

    -----------------------------------------------
    【全体構成】
    ①コピーライティングの技術の中核にあるもの
    ②その身に付け方を説明会形式でお伝えします。
    「イントロダクション」編
    ・どのようなメリットがあるのか?
    ・受講されている方々の動機
    ・コピーライティングの魅力
    ・本当にコピーライティングの技術が真価を発揮する場所
    「知る」編
    ・コピーを構成する要素
    「応用」編
    ・実務フェーズでのコピーの考え方
    ・どうすれば技術を身に付けることが出来るのか?
    ・コピープラットフォームがもらたす利点
    ・受講方法とスケジュール
    -----------------------------------------------
    【ご注意】
    事務局からのご連絡は当日の15時までに行います。15時以降、未着の場合は、迷惑メールに振り分けられている可能性がありますので、ご確認下さい。

  • 受講価格

    0円(税込 0円)

講座お申込み

-->
  • 開講日

    ■22年10月開講クラス:2022年10月20日(木)14時から受講開始 
     受講期間:22年10月20日~23年03月20日

  • 【定員】先着15名

  • 開催場所

    【実施上の注意】
    本講義は、専用のオンライン学習システムにログインし、そのシステム内での講義のご受講・添削課題の提出、講師からのフィードバック等を受け取ります。受講のためのご案内は、申込者へ個別にご案内をいたします。

    【お申込み後のご連絡】
    専用の学習システムにアクセスするためのご連絡は、開講日数日前(4日前~1日前)にご連絡をいたします。お申込み直後ではございませんので、ご注意ください。

    【レジュメについて】
    講義資料はご視聴頂くテーマごとにPDF形式でダウンロードしていただきます。講義資料がないテーマのものもございます。

    【受講時の注意事項について】
    インプット講義編
    ・各講座で視聴開始日が設定されております。
    ・受講期間内であれば回数制限なく受講が可能です。
    ・配布資料のダウンロードは視聴開始日以降に可能となります。
    ・質疑応答はございません。
    添削編
    ・指定期間内に課題に取り組み、各シートの提出を行って頂きます。
    ・指定期間外では取り組むことはできません。
    ・提出は1回限りで、提出後の課題の修正はできません。
    ・解説講義が付属します。解説講義は課題提出後に視聴が可能となります。
    ・解説講義は細田講師が担当いたします。
    ・添削は専属のプロのコピーライターが担当します。
    ・添削後の課題は、本学習システム上で返却されます。
    ・返却のタイミングは提出締切後約14日前後で返却されます。その際、「お知らせ」にて通知が行われます。
    ・提出された中で「優秀答案」が選ばれ、氏名を伏せた状態で共有されます。
    ・返却された答案についてのご質問機能はございません。

  • 受講価格

    160,000円(税込 176,000円)
    ※申込金10,000円(税込 11,000円)を含みます

  • 注意事項

    ・受講は申込者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。
    ・お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。
    ・教室・オンラインライブ講座は、個人申込の場合、受講料について開講前のご入金を原則とさせていただいております。
    ・オンデマンド講座は、お申し込み後すぐに受講案内メールをお送りしており、メール受信後、ご視聴いただけます。そのため、視聴の有無に関わらず、お申し込み後のキャンセルは一切、承っておりません。
    ・詳しくは、特定商取引法に基づく表示をご覧ください。