33期で1,610名以上が修了!
Web・デジタル領域に長けたプランナー達が今、
プレゼンで勝ち続けているのは何故か?

Web&広告プランニング講座

【オンライン開講】
第34期 2022年6月28日(火)開講
Web&広告プランニング

インターネット広告費がテレビメディア広告費を上回った今、プレゼン必勝チームの要、次世代型プランナーに
提案のキモを学ぶ!

  • !

    日々進化する現場の、
    生きたアイデアを吸収

  • !

    現場では教わらない、
    「イマドキ」のプランニングのプロセスを学べる

  • !

    自社のアドバンテージを
    生かし、拡大提案をする
    糸口が見つかる

各組織に勝利を呼び込む、
強いチームのスタープレイヤー達が講師です。
※以下は33期の実績です

尾上 永晃氏(電通)、荒井 信洋 氏(TBWAHAKUHODO)、鈴木 曜氏(Great Works Tokyo/貝印)、
野添 剛士氏(SIX) 、吉田 透氏(LENS)、中川 真仁氏(電通)、中尾 孝年氏(電通)

<新着情報>

●講義日程:第34期 2022年6月28日(火)開講
19:00~21:00 全8回 ※祝祭日休み
●受講定員:40名
●受講料金:90,900円(税込 99,990円)
※申込金10,000円(税込 11,000円)を含みます
●講義形式:ライブのオンライン講座 ※Zoomを活用予定

受講対象

・広告会社/制作会社のプランナー、クリエイターなどの方
・事業会社のデジタル、マーケティング部門などの方
・デジタルを核に企画提案を拡大したい方
・業界最先端の手法、考え方を学びたい方
・プランニングスキルを向上させたい方

BACKGROUND

Web&広告プランニング講座
開講の背景

「デジタルに強い」こと
だけが理由ではありません。
チームに勝利を呼び込む各組織の
スタープレイヤー達は今、
従来とは
まったく質の異なる提案をしています。

この数年、企業の宣伝予算の削減と、生活者のWebリテラシーの向上によって、広告界全体でコミュニケーションのあり方・予算配分が見直されてきました。近年ではメディアに依らない「コミュニケーションデザイン」の発想で、クライアント課題を解決しようとする機運が高まっています。特にアウトプットの自由度が高い、Webの現場では理解が進んできました。
一方Webのマネタイズは、広告会社の課題となっています。未だ従来の広告提案の延長で、宣伝予算からマス広告予算を差し引いた余りでWebが作られていることも少なくありません。
ところが近年、広告主企業側の理解が進んだことや、広告会社内にスタープレイヤーが育ち、ブランディングに成功したことを受け、「Web・デジタルに長けていて、コミュニケーションデザイン発想を持ち、幅広いソリューションが提示できる」プランナーの市場価値が高まっています。一部の企業では、「圧倒的クオリティ」「プレゼン負けなし」という評判が社内外に響き渡り、指名が殺到する、組織に勝利を呼び込む次世代のスターが生まれています。
こうした広告界の勢力図を塗り替える動きは、今後加速していくと予想されます。これまで以上に多くのクライアントが、広告会社都合のメディア提案を見透かし、コミュニケーションデザインに基づく提案かどうかふるいにかけるようになります。あらゆる部門の担当者が、従来のメディアやクリエイティブありきの提案から、いち早く脱却する必要があります。そこで本講座では若手・ベテラン問わず、次世代型の企画提案で今まさしく勝っている組織の、スタープレイヤーが登壇。その知恵とアイデアの源泉、企画プロセスを教えます。

常勝チームは、企画のプロセスが違う!


1.Client Problem:
クライアントのビジネス・マーケティングにおける問題を洞察
2.Insights:
社会全体および生活者個人のインサイトを掘り下げる
3.Strategy:
問題を解決するコミュニケーション戦略を決定
4.Big Idea:
コミュニケーション全体のコアとなるアイデアの開発
5.Solution:
メディア・プロモーション・クリエイティブへの
落とし込み、実現

現場最前線の講師によるシズル感あふれる講義内容と、宣伝会議による体系化されたカリキュラムで学ぶことができます。

“デジタルネイティブ”現場最前線の若手プランナーから、ベテランまで。8名の講師がそれぞれ異なる
経歴・専門性を強みに、どのように企画・提案を行っているのか、事例を基にリアルな講義をします。

得意領域を強みにコミュニケーションをデザイン、
他の領域もトータルで提案する講師陣

スタープレイヤーたちは本質的なクライアントの課題解決のために、Web・デジタルを主な手段として、コミュニケーションデザインを実践してきました。専門領域で培ってきたスキルは強烈な個性となり、相乗効果で質の高い企画・提案を生み出しています。本講座では、講師ごとに異なるコミュニケーションデザインへのアプローチ方法とポイントを学ぶことができます。自社・部門のアドバンテージを生かしながら、多角的な提案を行うにはどうすればいいのか。これからの時代に必要なプランニング・クリエイティブの基本姿勢や次世代型の企画・提案のため、基礎スキルを身に付けることができます。

一流のコミュニケーションプランナーから
プランニングメソッドを学ぶ

コミュニケーションプランナーのメソッド例


メディアにとらわれないビックアイデアで数々のクライアントを担当
荒井 信洋 氏(TBWA\HAKUHODO)

デジタルを軸としたキャンペーン設計を得意とする。マスで届かないところにも届けることができるといった、手法としてのバズを実践するとともに、その先にある目的や広がりだけではない「深度」にこだわり、数々の実績を残す
尾上 永晃氏(電通)

クリエイティブの先行投資でプロトタイプを作成し、クライアントや自社の未来ビジネスに貢献する、R&D型の新しいプランニングモデル
長年のクライアントとしての立場を生かし、刺さる企画かゆいところに手が届く提案方法を熟知
鈴木 曜氏(Great Works Tokyo/貝印)

デジタルからクリエイティブディレクターへと活躍の場を拡げ、SPACE BALLOON PROJECTで高い評価
野添 剛士氏(SIX)

150以上のブランドの商品開発/広告販促企画、各種プロジェクトに携わり、ブランディングを強く意識するプランナー
吉田 透氏(LENS)

広告史に残る話題作を数多く担当。メディアを跨いだ立体的なコミュニケーションデザインの構築を得意とする
中尾 孝年氏(電通)/中川 真仁氏(電通)

オンライン体験講座

講座の一部を体験できる動画をご用意しました。
以下の画像リンク先よりご視聴ください。

Web&広告プランニング講座

体験講座も実施中です!


講座に申込む

Web&広告プランニング講座
WEBからのお申込みで、
ポイントが加算されます。

講座に申込む

パンフレット(PDF)はこちら

MERIT

Web&広告プランニング講座
受講のメリット

論理的にプランニングのプロセスを解説。
最先端の事例学習と
グループ演習で、実践的に学べます。

  • MERIT.1

    日々進化する現場の、
    生きたアイデアを吸収できます。

  • MERIT.2

    現場では教わらない、
    「イマドキ」のプランニング・
    プロセスを学べます。

  • MERIT.3

    自社のアドバンテージを生かし、
    拡大提案をする糸口が
    見つかります。

CONTENTS

Web&広告プランニング講座
カリキュラムの特長

learn 基礎編で学べること

01 プランナーが企画を考える最先端の
プロセス・ポイントを基礎から学習

コミュニケーションデザインの基本
Web&広告プランニング講座で学ぶポイントその1

現在の広告を語るうえで、コミュニケーションデザインの考え方は不可欠です。
激しく変化するメディア環境下においては、メディアエージェンシーや制作会社であっても、生活者にメッセージを受け取ってもらえる環境からデザインする、「コミュニケーションデザイン」が求められています。全体の講義を通して、メディアやツールにとらわれない、ニュートラルな課題解決を実践している講師陣からプランニングのキモを学びます。

02 具体的なキャンペーンのプランニングを学び、
基礎から応用へと理解を深める

「デジタルを軸としたキャンペーン設計」

生活者を巻き込むインテグレーテッドキャンペーンの設計方法は大きく 分けて2つです。生活者が「作ることに参加」または「広めることに参 加」できるストーリーを組み込む方法です。講義では、各講師が普段か ら行っている「フレームワークの追体験」によって、蓄積してきたプランニングの知恵、プロセスを体系的に教えます。

03 グループ演習・プレゼンテーション

「課題解決のためのマーケティングとクリエイティブ」

第3回ではクライアント企業の宣伝・広報部部長を兼任する鈴木曜氏 (Great Works Tokyo/貝印)が登壇します。テーマである生活者目線での「強い」アイデアの導き方を学んだ後、実際の商材に関するオリエンテーションを行います。講義での学びを生かしながら、チームごとにオリエンに取り組み、最終講義にてプレゼンテーションを行っていただきます。普段のプレゼンでは聞けないプレゼンへのフィードバックや、企画に対する評価を聞くことができます。また広告業界において、貴重な人脈を築くことができます。

本講座だけのユニークな講義

クライアント役のゲスト講師を招き、
グループ対抗で模擬コンペを実施、
講義で学んだプランニングのポイントを振り返ります。
学びの場ならではの、密度の濃い
フィードバックが得られます。

体験講座も実施中です!


講座に申込む

Web&広告プランニング講座
WEBからのお申込みで、
ポイントが加算されます。

講座に申込む

パンフレット(PDF)はこちら

修了生は総計1,610以上。
こんな方々が受講しています
受講生は広告会社・制作会社の
中堅プランナー、ディレクター、営業が中心。
近年では広告主企業の宣伝部・
Web担当者の参加も増えています。

受講生の在籍する企業

Web&広告プランニング講座受講生の職種割合Web&広告プランニング講座の受講生の年齢分布図、平均年齢32.1歳

●広告会社
総合広告会社
メディアエージェンシー
ハウスエージェンシー
交通系広告会社
ネット広告会社

●広告・Web制作会社

●広告主企業
レジャー・エンタメ
飲料、食品、アパレル
金融、電機・精密機器
化粧品、小売、トイレタリー
建設、IT、エネルギー

受講生の年齢は30代を中心とし、20代から40代以上まで幅広い年代の方が受講。
広告会社や製作会社などのプランニングやWebマーケティングに携わる方が多く受講しております。

こうしたことをお感じの方に
最適な講座です

【広告会社の方】
□メディア単体のプランニングに限界を感じるため、Webを中心とした他媒体と連動した成功最新事例のプロセスとポイントを知りたい。
□クライアントからWebやソーシャルメディアを中核とした提案を求められることが増えてきたため、各メディアやコンテンツを効果的に用い、プランを構築していく方法を学びたい。
□インタラクティブかつ生活者にアクションを起こさせるキャンペーン設計とプランニングのプロセスを学びたい。
□Webやスマートフォンを用いた広告施策の企画・提案力を身に付けたい。

【Web制作会社、ネット関連企業の方】
□クライアントと直接やりとりをすることが増えたため、Web以外のメディアを絡めたプランニングを学びたい。
□自社の提案がシステムやテクノロジーのメリット訴求に陥りがちなため、広告コミュニケーションの視点を学び、企画提案力を身に付けたい。
□単にWebサイトのクオリティだけでなく、戦略・プランニング部分をより深く理解することでクライアントの信頼を高めていきたい。

【広告主企業の方】
□自社で展開できるWeb施策と広告会社と連携しながら行う施策の両方を知り、トリプルメディア時代に求められるコミュニケーション戦略を学びたい。
□生活者とより深いコミュニケーションが取れる企画を広告会社と共に考えていきたい。

実務に役立つかに対する満足度 
4.61点/5点満点

5点 - 大変有意義、4点 - 有意義、3点 - どちらでもない、2点-あまり有意義でない、1点 - 有意義でない

毎回の講義終了後に参加者の方から、5点満点で評価点を提出いただいています。評価点と参加者からの声は講義内容に適宜フィードバック。だからこそ、常にクオリティの高い講義が行われています。

case 修了生の声と活躍事例

  • レレバンシーユーザーのツボをつく、コアアイデア発想というプロセスが深く理解できた。講義内容全てが生々しく、明日から参考にして企画をたてたいと思うものだった。

  • よく自分は「広告制作担当者」と思ってしまうことがあるのですが、この講座に通って毎回「違う、私はコミュニケーションを作りたかったんだ。人と企業、何かと何かをHappyにつなぎたいんだ」と実感します。

  • 直接仕事に生かせるキーワードがたくさんあった。フレーム、ロジック、事実による裏付け、話の展開など、脳みそに情報が飛び込んで、すっと納得できる講義だった。

  • 断片的に感じていたことが、通しで整理できた。日々のアイデア出し、インサイト探索などで、今どの部分をやっているのかという自覚をもっと持っていないと、自分の中で勘違いしてしまいそうなので、注意していきたい。

  • 人のキモチを知るために、道端で電車の中で日々鍛錬していこうと思います。キモチをデザインする、という言葉の意味にようやく気付けた気がします。

  • Webは軽視されたり、逆に過剰に期待されたりすることが多く、クライアントの言われるがままにWeb制作に携わっていましたが、これからは説明力をつけて、社内外を説得して、本質から逃げずに作っていこうと思い直しました。

  • これからどうプランニングしていくか、どういうスタンスで仕事をしていくべきかという答えを具体的にお話頂いたことが、とても参考になりました。

  • AISASモデルの再定義やSIPS、クロスソースなど新しい考え方を聞けましたので、もっともっと勉強していかなければならないと実感しました。

  • 小手先の技術ではなく、マインドからもう一度見つめ直せました。クライアントばかり向いて忘れがちになりますが、もっとユーザーを見て、頑張っていこうと思いました。

  • ユーザー目線を忘れないこと、コストのバランス感を考えること、そしてメディアありきではなく、目的から生まれる企画を考えることの重要性を学びました。

  • クライアントの「キモチを知る」ことばかりに注力していた気がします。生活者が行動するとき、どのような気持ちで何を感じ、何を考えているのかというシンプルな視点に立てるよう、努力したいです。

  • ビッグアイデアを作るプロセスを詳しくご説明いただいて、よく理解できました。クライアントの課題を握れているつもり
    でも、結局ターゲットインサイトを見つけないまま、自分のアイデアだけを主張してしまっているなと思いました。

program カリキュラム

日程 テーマ 講義内容
第1回 6/28 今求められる、
コミュニケーションプラニングの
基本的な発想

吉田 透氏
・変貌してゆく価値観と行動
・モノ作りとコト作りの新しい関係
・情報爆発の中で「伝わる」ということ
・次世代の欲求と関係価値
・ブランドコミュニケーションの進化
・ビヘイビア/デザイニング
第2回 7/5 デジタルを含む
統合キャンペーンの作り方

中川 真仁氏
・求められるコピーライターのチカラ
・メディア設計とターゲット設計
・SNS上での話題の作り方
・手段は選ばず節操なく
第3回 7/12 課題解決のためのマーケティングと
クリエイティブ①

鈴木 曜氏
・マーケティング脳を鍛える
・アクセス解析とKPI
・シークエンスで魅了する
・グローバル視点でのコミュニケーションプランニング
第4回 7/19 プランニングのプロセスと
フレームワークを分解する

中尾 孝年氏
・プランニングのフレームワークを整理する
・コンシューマーインサイトの捉え方
・コンタクトポイント設計のプロセス
・戦略設計の中でのWebの可能性
・アイデア発想体質になるための習慣法
第5回 7/26 「共感」を得る
ビッグアイデアの開発

野添 剛士氏
・共感を得るためのコミュニケーションプランニング
・ビッグアイデアを開発するポイント
・成果を出すためのクライアントとの関わり方
第6回 8/2 デジタルを軸とした
キャンペーン設計

尾上 永晃氏
・デジタルキャンペーンの歴史から
 キャンペーン構造の変化を知る
・臨機応変型キャンペーン設計手法について
・話題の作り方
・商品から逃げない
・Webで商品は動く
第7回 8/9 メディアにとらわれないビックアイデアの生み出し方

荒井 信洋 氏
・クリエイティブ開発の7つの切り口
・「強い」アイデア・クリエイティブはシンプル
・ビックアイデアの創り方
第8回 8/16 課題解決のためのマーケティングとクリエイティブ②

鈴木 曜氏
・課題に対するグループワーク
・プレゼンテーションと講師からのフィードバック
・講師による実例

※上記日程・カリキュラム・講師は東京会場のものになります。
都合により日程やカリキュラム等が変更となる場合がございます。

detail 第34期 Web&広告プランニング講座
講座概要

開催日 第34期 2022年6月28日(火)開講
講義時間 19:00~21:00
定員 30名
講義回数 全8回
講義形式 ライブのオンライン講座 ※Zoomを活用予定
受講価格
90,900円(税込 99,990円) ※申込金10,000円(税込 11,000円)を含みます

よくあるご質問と回答

1)申し込み締切はいつですか?
満席になり次第、締切といたしております。
Webサイトで募集をしている限りは受付をいたしておりますが、
できるだけお早めに申し込みいただくことをオススメしております。
2)本講座はオンライン開催でしょうか?
はい、6月28日(火)から開講の第34期は、オンライン講義として開催をいたします。
全国どこからでもお好きな場所でご受講可能です。
3)オンライン講座は今回のシーズンのみでしょうか?次回以降もオンライン受講は可能でしょうか?
はい、以降もオンライン開講を予定しております。
4)開催は、毎週何曜日の何時でしょうか?
曜日は、祝日を除く、火曜日に講義がございます。
講義時間は、19:00-21:00でございます。
5)資料は配布されますか?
はい、講義毎にPDFにてのご共有を予定しております。
6)宿題はありますか?
ございます。
第3回目の講義で課題を出題します。事務局が振り分けるグループ毎に、第8回までの講義時間外の期間を活用して、課題プレゼンテーションのご準備をいただきます。
第8回の講義内で、課題プレゼンテーションをいただきます。修了生の皆さまから、「実務の競合プレゼンでは得られない、クライアントからの本音のフィードバックが聞け、他のグループのプレゼンテーションを見ることができる」と好評です。
なお、どうしても本グループ課題にご参加できない、という場合は、開講後にお気軽にお申し出ください。
7)欠席する回のフォローアップはありますか?
ございます。
なるべくリアルタイムでのご出席をいただきたいとは思っておりますが、
急な欠席があってもご安心くださいませ。
・講義の配布資料は、PDFにてご共有を予定しております。
・講義の映像は、1講義3,000円(税込 3,300円)にて、ストリーミングでご覧いただく動画補講をオンラインでご提供いたします。
※希望回毎に、宣伝会議オンラインにて、クレジット決済をいただきます。
8)未経験ですが受講しても良いでしょうか?
なるべくご経験のある方の受講をおすすめしております。
マーケティングやプランニングを担当して3~10年目の方が多くいらっしゃいます。また、実務の経歴以上に、「わかるだけでなく実践できるようになりたい」「独学でなく体系的に学びたい」とお感じの方が、一番成果を出されています。
9)講師への質問はできますか?
できます。
講義直後にアンケートの回答を頂いた後に、受講者の皆さまの質問に答える時間を設けております。
10)講義内容に関するご質問
本講座で、しっかり実務に生かしていただけるカリキュラムをご提供いたします。
「賢くプランニングのテクニックを習得したい」「手間をかけずに必要なことだけ学びたい」「実践すれば成果の出るノウハウを安心して身につけたい」とお感じの方のお役に立てますと幸いです。
また、「受講に前向きだけれど、少し試してから受講したい」という方には、
特別体験講座 https://www.sendenkaigi.com/class/detail/web_advertising_free.phpをオススメいたします。
11)受講者同士でのネットワーキングを希望します。どんな機会がありますか?
講座期間中に、自由出席のZoomにてオンライン懇親会を行います。
※懇親会は、必須ではなく、ご希望の方に参加いただければと思っております。
12)支払い方法は何がありますか?
法人お申込みの方には『請求書払い』、
個人お申込みの方には『クレジット払い(一括)』『銀行振込(一括)』『教育ローン(分割)』からお選びいただけます。
https://lp.sendenkaigi.com/web_advertisingのお申し込み画面からお選びください。
13)『教育ローン』の手続きについて詳しく教えてください。
https://lp.sendenkaigi.com/web_advertisingのお申し込み画面から、
申し込み形態で『個人申込』支払方法で、『教育ローン』を選んでお申込みください。
※申込金の10,000円(税込 11,000円)のみ、事前に銀行振込(三菱UFJ銀行 青山支店 普通 1145602宛て)が必要になります。
その後、提携会社の教育ローンの申込みURLをご登録のメールアドレスにお送りいたします。
お好きな分割数を3回~36回からお選びください。
教育ローンの審査は最短で当日ご回答になります。
14)来期の方が個人的に都合がよいのですが、講師や講義内容は毎回変わるのでしょうか?
ご受講された皆さまの講義アンケートをもとに、
毎期、講義内容や講師のアップデートを行っているため、
変更となる場合がございます。
いずれの期も、開催タイミングでベストと判断する講義内容をご提供させていただいております。

注意事項・禁止事項

1)受講は受講者本人に限ります。他人に貸与・譲渡することはできません。尚、同一の講座を別々の方に受講いただくことは禁止としております。また、同一講座の受講中において、参加者の途中変更はできません。

2)お申込み後のキャンセルは原則承っておりません。

3)万一、受講前に受講予定の方の参加ができなくなってしまった場合は、事務局までお問合せください。

4)※一旦納入された申込金・受講料は、受講前・受講途中にかかわらず、いかなる理由であっても払い戻しや次期への振り替えはできません。

5)天候不順によるアクシデントや講師の都合、受講者数が一定数を下回った場合等、諸事情により直前に開講日程が変更・中止となる場合がございます。

6)弊社と発注者は互いに暴力団、及びその他の反社会的勢力に該当しないことを表明・確約します。万が一、上記に反していることが判明した場合には、直ちに無条件で本契約を解除します。

7)弊社と同様の教育講座を開催している企業、人材紹介業、受講生への営業・勧誘等を目的とするご受講等に関しましては、審査の上、お申し込みをお断りする場合がございます。また、お申し込みから審査までの間に、ご請求書類の発送など、決済処理の進行が行われる場合がございます。あらかじめご了承ください。

8)本申込書により(株)宣伝会議が取得した個人情報は受講手続きや各種連絡、講座運営、ダイレクトメールなどの方法で出版物や講座、イベントのご案内等をお送りするために利用します。プライバシーポリシー(https://www.sendenkaigi.com/privacy/)をお読みいただき、同意の上、お申し込みください。

体験講座も実施中です!


講座に申込む

WEBからのお申込みで、
ポイントが加算されます。

講座に申込む

パンフレット(PDF)はこちら